• ホーム
  • インスタグラムマーケティングの特徴を解説します!

インスタグラムマーケティングの特徴を解説します!

2019年05月29日
パソコンを使っている男性

インスタグラムマーケティングはどのようなマーケティングの中でも身近で、手軽にPRすることができるのが大きな特徴です。広告として商品や企業のサービス・写真・動画を投稿するだけで、フォローしてくれている人へのアピールになります。投稿した内容がユーザーによって拡散されることもありますし、これによりフォローしていなかった人へのPRにも繋がることがあります。

インスタグラムマーケティングでは企業ブランディングを行えることも特徴で、インフルエンサーによって拡散されます。写真や動画を統一感のあるものにすることで、独自の世界観を作り出すことができ、魅力的に感じたユーザーがフォローをしていくようになります。

インスタグラムマーケティングが特に良いと言える理由として、ユーザーが著しく増えてきているからということがあります。アクティブユーザーが3,000万人もいますし、動画や写真はもちろんのこと、ストーリー機能という特殊なコンテンツを楽しむことができます。24時間で投稿が削除されてしまうので、好きなインスタグラマーの情報を見逃したくない人は頻繁にログインすることになります。

ここではハッシュタグやアンケート機能もついていて、画面上に質問とそれに対する回答をクリックする場所があります。この機能を使うことでさらに市場調査を低コストで行うことができますし、フォロワーの数が多ければ多いほどその効果が倍増します。1枚の写真で商品やサービスの紹介をわかりやすく伝えることができ、そのための加工アプリなども充実しています。

ストーリー機能では見た目からしてインパクトを持っていて、視覚で訴えることができるものを掲載していきます。これにより高いインスタグラムマーケティングでの効果を倍増させますし、そこからアンケート機能をプラスしていくことができます。

インフルエンサーは芸能人や著名人などもいますが、一般人もたくさんいるので気軽に起用することができるのも大きな特徴です。インスタグラム内の各ジャンルで活躍している、インスタグラマーはかなりの影響力を持っている人たちもおり、芸能人をPRで起用するよりも広告費を抑えることができます。オリジナルの発想を持っている人が多いので、一つの商品を色々な角度から紹介してもらうことができます。インスタグラマーの中から数人起用しても、違った角度で商品を取り上げてもらえるのでそこから売り上げがアップするということも珍しくありません。

インスタグラムでの宣伝効果に期待する場合は、商品やサービスを利用してもらえそうな層を明確に分析します。性別はもちろんのこと、世代ごとに求めているものが全く違うので、ハッシュタグを使いターゲットをよく考えておくことでそのズレをなくすことができます。