• ホーム
  • 企業がFacebookでマーケティングを行うメリットや特徴とは

企業がFacebookでマーケティングを行うメリットや特徴とは

2019年07月12日
パソコンを見ている男性

Facebookでマーケティングを行う場合は、ニュースフィードやコンテンツを意識することになります。それぞれのユーザーに合わせた表示内容に優先順位をつける特徴があり、独自のアルゴリズムを採用していることが特徴です。このアルゴリズムのことをエッジランクといい、ニュースフィードに表示されている投稿を見ると、そこによく掲載されている友達とあまり出てこない友達がいます。これにはエッジランクが大きく影響しているので、ユーザーがどれだけ有益な情報を得ることができるのかを最優先にしています。最適化する方針がありますし、それぞれ興味や関心を持っていたり、個々の人間関係に合わせてユーザーが知っておくべき価値のある情報かどうかを選別しています。

ハイライト設定もありますが、エッジランクが影響しておりニュースフィードから省略されてしまう投稿もあります。投稿をしても全員のニュースフィードに掲載されることがなく、いいねの数も少ないケースが起こります。企業が運用しているアカウントで行うと、投稿がユーザーに直接届くには平均すると1割くらいになります。1万人の友達がいる場合、1,000人くらいの人にしか見られていないという計算になります。

企業が広告を掲載する場合も、ニュースフィードに掲載される数が少なければ見てもらえるシチュエーションも必然的に減ってしまいます。これによりFacebookでマーケティングを行う時のコツを知ることになりますし、エッジランクの重要性を垣間見ることになります。全体から見たリーチ率はFacebookの公式サイトから投稿されるばあいで全体の1割程度とされていて、リーチ率がその後から下がり始めているという報告もあります。公式で具体的な数値の発表はされていませんが、様々な例題は発表されているので参考になります。

企業がアカウントを運用していくに従って、ユーザーができる限り有益な情報を得ることができるように、ニュースフィードの最適化をしていくように努めています。ユーザーが持っている関心や興味に合わせながら、知っておいた方が良い情報かどうかを機械的に選別していきます。優先的に表示させる投稿を決めるので、エッジランクを意識しながら投稿していくようになります。広告をせっかく投稿しても誰の目にも止まることがないという場合、ニュースフィードの仕組みを知っておくことで対応できます。

エッジラインに基づいてユーザーが持っている関心のある投稿を優先させ、友達のアクティビティ・いいねを押しているページの投稿から時系列で表示していきます。