• ホーム
  • 企業がTwitterを運用することで得られるメリットとデメリット

企業がTwitterを運用することで得られるメリットとデメリット

2019年08月01日

企業がTwitterで情報を発信したり、ユーザーとのコミュニケーションをとることは様々なメリットがあります。認知度を上げることができますし、さらにファンを増やすことができるので、マーケティングが行いやすくなります。運用体制としてもTwitterでのアカウント開設は無料で出来ますし、ユーザーの反応を知るためのツールも無料で活用することが可能です。

企業のマーケティングがTwitterで無料で出来ること自体が、かなりのメリットになりますし費用面を抑えることが出来ます。多くのユーザーがいるプラットフォームなので、個人の日記やブログなどで細々と更新をするよりツイートをした方が、たくさんの人に見てもらえる可能性が高まります。ハッシュタグを付ければそのキーワードに興味のあるユーザーへ必然的に情報を届けることができますし、運が良ければリツイートされたりフォローをしてもらうこともできます。

さらにもともと企業の認知度が高くなくても、ユーザーを惹きつけるツイートを定期的に行うことで信頼度も高まり企業に興味を持ってもらえます。何も情報がないよりも、Twitterでどのような活動をしている企業なのかを認知してもらうことで親近感が湧きますし、さらに口コミによって広がっていく可能性が無限に広がります。信頼度を上げるために情報には注意を払い、真摯的に取り組んでいくことがポイントです。企業が運用しているTwitterは堅苦しいものが多いというイメージを拭い、親近感を持ってもらうことも大きな目的でありメリットになります。

企業が運用するにあたって、近い距離から直接ユーザーの意見を聞くことが出来るのもメリットです。意見を伝えやすく聞き入れてくれる企業という位置付けになるので、さらにユーザーからの信頼度も上がります。その反対に運用体制によってはデメリットもあり、すぐ効果が出ないということもあります。Twitterで集客を行うには即効性があるものではなく、初めの段階ではフォロワーも全くいない段階から始めることになります。そこからコツコツとフォロワーを増やしていくので、やりがいを感じることもありますが、それに伴い結果が出ないことに挫折感を感じるケースもあります。

デメリットをメリットに変え、ユーザーとのコミュニケーションやリツイートなどを積極的に行うようにし興味を引くようなツイートを配信していきます。企業のアカウントを作成したらコツコツとファンを増やしていくようにし、マイナスイメージを作らないようにしていくことが長続きするコツです。