• ホーム
  • 企業でのLINEマーケティング活用術をご紹介!

企業でのLINEマーケティング活用術をご紹介!

2019年06月25日
パソコンを見ている男性

企業向けのLINEサービスを利用するケースが増えてきていて、LINEマーケティングを取り入れいている企業も少なくありません。企業アカウントを作成することで、誰でも簡単にクーポン機能を利用できたり、国内利用者限定でスタンプを配信することができます。利用料金も以前と比べるとリーズナブルになっていますし、仕組みや機能的な面までシンプルになっているのでとても使いやすいのが特徴です。

企業アカウントを開設したり、運用していくことのハードルが下がっているのでLINEマーケティングを利用する価値が高いです。企業や店舗を持っている人が活用することができる、法人に向けたアカウントのことで定期的に商品やお店の情報を発信することができます。これによりLINEユーザーが身近にそれらのサービスを感じ取ることができ、関係性を構築しやすくなります。

ユーザーのタイムラインへ投稿したりメッセージを配信することもできるので、コミュニケーションをとる場所になっています。月額は0円から利用できるのが最大のポイントで、公式アカウントでは今までかなり高い料金設定になっていたのでお得感があります。メッセージとしての到達率も高いですし、友達になっているユーザーへ送るので開封率も高くなります。そして企業アカウントで利用できるクーポン機能を使えば、さらにユーザーがメッセージをみる開封率が上がります。メッセージが届くとユーザーの設定によっては通知が出るようになっているので、それを見ることでクーポン機能を利用しているかどうかを知ることができます。

スタンプはLINEの国内利用者限定になりますが、そのデザインによっては欲しいがために友達になるというユーザーもいます。これをきっかけにクーポン機能を発信し、到達率を上げることができます。利用する際には公式アカウントの利用規約やガイドラインなどをしっかりと熟読した上で、専用フォームから依頼をすることになります。そこから審査を受けるので、申し込み方法は審査を通過した後に連絡されることになっています。

アカウントを開設することができれば、メッセージを友達となっているユーザーへ配信することができます。しかし時間帯を考えずに頻繁にメッセージを自動的に送りつけたり、的外れになってしまっている場合は友達解除の対象になることもあります。通知をしても邪魔にならないような、効果のあるメッセージを送ることが企業アカウントをうまく利用する特徴になります。