• ホーム
  • 企業のYoutubeへの広告費規模はさらに拡大する未来

企業のYoutubeへの広告費規模はさらに拡大する未来

2019年12月03日

スマホがさまざまな世代に普及してきたことにより、YouTubeの動画視聴時間がとても長くなりつつあります。提供されている動画のコンテンツや、その種類の豊富さにも影響が出ていますがそれらを提供しているYoutuberからの影響力もかなり高いものになってきています。

YoutuberはYouTubeと言われる世界最大規模の動画配信サイトで、どんな人でも動画配信チャンネルを開設することができます。情報発信をする一般の人や団体であり、様々な種類のオリジナルの動画コンテンツはたくさんのユーザーを魅了しています。

一部のYoutuberはインフルエンサーとして、たくさんのファンに向けて動画を発信します。そこから消費行動や生活習慣なども、彼らのようになりたいと思わせる影響力を持ち始めています。情報収集もYouTubeから行なっている人も少なくなく、スマホで見ることができる動画視聴の普及に伴って、様々な広告を活用させたタイアップ動画が配信されています。

インフルエンサーとしてのYoutuberが獲得している視聴者をターゲットとしている、商品やサービスを紹介するタイアップ手法を行い広告費規模がうなぎのぼりに拡大していきます。Youtuberは配信する動画は無償で行われますが、情報収集として利用しているユーザーがいる限りはタイアップ動画は少なくなりません。広告主とともに制作するものから、本当のイベントを開催したり、関連グッズを販売するような方法もあります。

特にゲームアプリなどのプロモーションは比較的多く、影響を受けやすい若年層にも見てもらえるので需要があります。視聴時間も関わってきますが、タイアップ広告収入やグッズ収入などを得ることができます。5Gが普及してくるにつれて、さらに動画の視聴時間が長くなると言われているので影響力も増えていきます。

配信している動画のコンテンツは、視聴数が継続的に高くさらに新規に加わっているYoutuberの影響もあります。動画再生回数の増加が止まることなく、広告収入はさらに増加する傾向になっています。若年層を中心に5Gのスマホも普及していきますが、ゲームアプリも人気ですしインフルエンサーが紹介しているのであれば使ってみようという心理が働きます。

広告主によってプロモーション需要が増加する場合も、多様化が見られるので登録しているユーザーが多いインフルエンサーはオリジナルグッズなどの販売も進めていきます。動画のコンテンツがさらに多くのユーザーに支持されている傾向があり、動画コンテンツの再生回数も増加します。